Drive Power Manager

Drive Power Manager 1.10

ノートPCの省電力設定にお勧め ディスクドライブの騒音対策もできるHDD管理ソフト

Drive Power Manager(ドライブパワーマネージャー)は、HDDやCD/DVD/BDなどのディスクドライブの電源管理をしてくれるソフトウェアです。HDDや CD/DVD/BDなどの読み込みや回転速度のコントロールも可能です。ディスクを読み込む際に発生する「ガリガリ」という耳障りなシーク音を静かにしたり、ディスクの発熱を抑えることもできます。ノートPCのバッテリーを長持ちさせたという場合や「ガリガリ」という音を静かにさせたい、PCから発生させる熱を少しでも抑えたいという場合に試して欲しいソフトウェアです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • HDDやCD/DVD/BDなどのディスクドライブの電源管理ができる
  • ディスクがアイドル(何も使われていない)/スタンバイ状態になるまでの時間を設定できる
  • ディスクの回転速度や読み書き速度をコントロールできる

反対票

  • PC全体の省エネ・節電に効果がある、モニタ画面や周辺機器などの設定は変更できない

良い
7

Drive Power Manager(ドライブパワーマネージャー)は、HDDやCD/DVD/BDなどのディスクドライブの電源管理をしてくれるソフトウェアです。HDDや CD/DVD/BDなどの読み込みや回転速度のコントロールも可能です。ディスクを読み込む際に発生する「ガリガリ」という耳障りなシーク音を静かにしたり、ディスクの発熱を抑えることもできます。ノートPCのバッテリーを長持ちさせたという場合や「ガリガリ」という音を静かにさせたい、PCから発生させる熱を少しでも抑えたいという場合に試して欲しいソフトウェアです。

Drive Power Managerの画面はドライブ選択リストと電源とシーク音を管理する画面で構成されています。まずは、管理するドライブを選びます。HDDの場合は電源やシーク音のレベルを1~254から選ぶことができます。HDDを使用していない時に一時的にスタンバイにできる「Allow standby」をチェックすると消費電力をより抑えることができます。ノートPCのバッテリーをなるべく長持ちさせたいという場合には「Allow standby」にチェクを入れておきましょう。

HDDやCD/DVD/BDなどのディスクドライブを選ぶと、アイドル(何も使われていない)/スタンバイ状態になるまでの時間やディスクの読み書きする速度を設定することが可能です。アイドル状態になるとディスクの回転速度が遅くなりディスクから発生する熱を抑えることができ、読み書き速度を遅くするとシーク音を抑えることができます。

Drive Power ManagerはHDDやディスクドライブの電源を管理するソフトウェアです。PC全体の省エネ・節電に効果がある、モニタ画面や周辺機器などの設定は変更できません。PC全体の省エネ・節電を行いたい場合はWindows PC 自動節電プログラムやEdisonなどを使用すると良いでしょう。

Drive Power Managerは、HDDやディスクドライブの電源や回転数などを変更できるソフトウェアです。騒音や発熱が気になったら試してみてはいかがでしょうか。

— ユーティリティーとツール —

Drive Power Manager

ダウンロード

Drive Power Manager 1.10